関数-時刻【subtractionTime】

subtractionTime

時間の差を取得します。

 

- パラメータ -

 0:対象とする属性

 1:差を求める属性。

 2:単位。4種類から選択(H=時、M=分、S=秒、A=自動) 

 

- 例 -

引数2:H

2015/12/15 11:30:35 ⇔ 2015/12/15 12:30:35 ⇒ -1

引数2:S

2018/1/6 11:19:29 ⇔ 2015/12/15 12:30:35 ⇒ 1897200

引数2:A

2015/12/16 2:16:15 ⇔ 2015/12/15 12:30:35 ⇒ 13:45:40