cellular spaceのホームページにご来訪くださり、ありがとうございます。
前田建設工業 情報システム の コズミkozumi.pngです。

 

 

 

cellular space DiX と Excel関数 の比較についてご紹介いたします。

 

今回は、表を検索するのに便利な「INDEX と MATCH関数」を

cellular space DiX の観点で考えます。

 

 

前回の記事はこちら ⇒ 【Excelとの比較 1回目】INDEX+MATCH関数 (1)

 

 

今回は、cellular space DiX で結果を取得 した結果を確認します。

 

 

 

使用するExcel表(都市別最高気温ー表)はこちら ↓ ※前回のExcel表と同じです。

Excelとの比較02.png

 

都市名と月の指定はこちら ↓

※指定する内容は、前回のExcel表と同じが、今回は別ファイルにしてあります。

Excelとの比較03.png

 

 

■Excel表から cellular space DiX で結果を取得 

  

【ファイル設定】で、2つの表を入力ファイルとして設定します。

【縦結合】で、サブジョイン機能を使います。「都市名」を結合キーとします。

  

 

プロセスはこちら ↓

Excelとの比較04.png

これであれば、後から見てもわかりやすいかと思われます。

なお、当プロセスはマウス操作のみで組み立てています。

  

  

 

結果をごらんください。

Excelとの比較05.png

  

Excel の MATCHINDEX 関数 と同じ結果を得られました。

 

都市名が「千葉」は ⇒ カラ、特別な考慮無しです!

都市名が「東京」の 2月 は ⇒ 10℃

 

 

別の 都市名 の結果を得たい場合は、

【ファイル設定】の「都市別最高気温ー検索」を書き換えるだけです。

 

検査対象を増やす際は、

【ファイル設定】の「都市別最高気温ー」に、都市の最高気温の行を追加します。

Excel 関数の場合、INDEX や MATCH 関数の範囲指定の見直しが発生しますが、

cellular space DiX では、そのような操作は必要ありません。

 

 

 

お試しください。

 

 

 

使用しているデータは、疑似データです。実在の人物や団体などとは関係ありません。