cellular spaceのホームページにご来訪くださり、ありがとうございます。
前田建設工業 情報システム の コズミkozumi.pngです。

 

 

【システム設定】画面の省メモリモード ご説明をいたします。

 

 

前回の記事はこちら ⇒ 【システム設定 第2回】 メモリサイズの設定

 

 

 

省メモリモードの[手動設定] をクリックすると、省メモリモード(パフォーマンスモード)になり、

メモリの消費を少なくするように、プロセスの処理が行われます。

 

 

省メモリーモードは、以下のケースに当てはまる場合にのみ使用を検討してください。

(これ以外のケースは、処理が遅くなることがあります。)

・ (大きなサイズの入力ファイルを用い)実行時にメモリ不足となった。

・ お使いのマシンのメモリを増設できない。

 

システム設定02.png

 

 [手動設定]

省メモリモード(パフォーマンスモード)としたい場合のみチェックします。

 

 

 [データ分割化]

[手動設定] をクリックした場合に設定可能となります。

メモリの消費割合をを OFFまたは、1 から 100 の値を選択します。

基本値は 50% です。

 ・ 値が少ないほど、処理速度が速くなりますが、メモリ消費量は大きくなります。

 ・ 値が大きくなるど、処理速度は遅くなりますが、メモリ消費量は少なくなります。

 ・ OFF の場合、メモリのみで処理を行います。メモリ消費量は大きくなります。 

 

[設定の初期化]

初期状態に戻します。

 

 

 

次回は、 ExcelVBAでの読込 について ご説明いたします。

 

 

 

使用しているデータは、疑似データです。実在の人物や団体などとは関係ありません。